オリーブオイルで度々報道される安全性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、料理に使っている油は

どんなものを使っていますか??

ごま油、コーン油、なたね油・・・

ひとことに油といっても

とても多くの種類があります。

また、液体だけに限らず固形の油までもが存在します。

 

さて、そんな沢山ある油の中でも

オリーブオイルは色々な料理にも使いやすく

安全性、健康にも良いとテレビや本などでも報道されています。

しかし、一部では危険な油だという意見もあります。

 

そんな賛否両論のオリーブオイルの安全性について

確かめていきたいと思います。

 

危険な油を使うとどうなるか?

 

安全な油はどれなの??

という前にまずは危険な油を使うと

どれだけ健康に良くないのかを知っておく必要があるでしょう。

 

危険な油とは、具体的にはリノール酸が多く含まれている油で

リノール酸は悪玉コレステロール値や善玉コレステロール値を

下げる効果を持っています。

少量であればむしろ健康には良いのですが多く摂取してしまうと

アトピーアレルギー心臓病老化ガンなどを

促進させてしまいます。

また、病気に対する抵抗力が低下してしまうため

さまざまな病気になりやすくなってしまいます。

 

それだけに留まらず、リノール酸は熱に弱く

劣化するとヒドロキシノネナールという神経毒へと

変化してしまいます。

この神経毒は、

うつ病、ボケ、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、

高血圧、生活習慣病、肥満、動脈硬化、

肝炎、気管支炎

・・・と、さらに多くの病気を招く可能性があります。

 

油の選び方や扱い方一つで

これだけ多くの病気を背負うリスクがあるため

ぜひ油の取り扱いには注意したいところですね。

 

リノール酸が少ない油

 

以上のことから、リノール酸が少ない油を選ぶことが

病気のリスクを回避することにも繋がる訳です。

リノール酸の多い油が必ずしも悪い訳ではありませんが、

一般の家庭では管理が難しいので家庭向けとは言えないでしょう。

 

オリーブオイルはその点、

リノール酸が少なめでさらにポリフェノールが多く

他の油よりも熱による劣化もしにくいため

家庭向けにはオススメの油です。

・・・とはいっても、

リノール酸は少なからず含まれていて

オリーブオイルも劣化しない訳ではないため

保管には注意したほうが良いでしょう。

 

ガスコンロの近くに油を置きっぱなしにしない。

日光の当たらない暗い場所に保管する。

 

これぐらいはするように心がけましょう。

 

スーパーで油は購入しない

 

もう一つ、注意すべきなのがスーパーの油です。

スーパーの食品売り場では

油のボトルを2つセットで安く売られていたりして

すごくお買い得な感じがします。

しかし、油のまとめ買いをするということは

それだけ油の保管する期間が

長くなってしまうことを意味します。

未開封であれば安全・・・という訳ではなく

油は日光や気温によっても劣化していくため

とても危険な行為です。

また、食品売り場の棚も人通りが多く、

明るい場所や暖かい場所であるため

購入する前には既に劣化が始まっているのです。

 

そのため、本当に安全を考えて料理をするのであれば

油の専門店や通販で油を購入することをオススメします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新鮮で美味しいオリーブオイルが今だけ50%OFF

サラダやパスタなどにそのままかけても


美味しいオリーブオイル「コラティーナ」が


今だけ50%OFFの価格でご購入できます!


 


限定300名となっていますので


新鮮なオリーブオイルをお探しの方には


とってもお買い得ですよ。


300名を超えた時点でこちらのページから


購入できなくなりますので


購入したい方はお急ぎください。


詳細はコチラ

コメントを残す